きれいに使用する

プラスチック買取を行う場合には、できるだけきれいな状態の方が金額も高くなります。ようするに店が定めている最大の金額で売ることができる可能性が高くなるのです。逆に状態が悪くなっていると、店が定めている金額よりも下がってしまうのが一般的なのですが、最も多くなっているのがケースやDVD本体のキズでしょう。特にケースはプラスチックでできていますし、他の物に接触してしまうことも多いので、どうしてもキズが付きやすくなってしまうのです。

プラスチックは細かいキズが目立ってしまうので、普段から取り扱いには十分注意しないといけません。中でもDVDの鏡面にキズが付いてしまうと、買取不可能になってしまうケースもあるのです。よってキズは付けないようにすると共に、汚れも厳禁だと言えるでしょう。汚れをそのまま放置しておくと、こびりついて落ちなくなってしまうこともありますし、無理に取ろうとすると、キズが付いてしまうこともあるのです。

汚さない、キズを付けない、亀裂を入れないことが高額買取をしてもらう上で重要な点になります。ホコリが付いているだけでも買取価格を下げられてしまうことがあるので、買取依頼をする前には、必ず点検と一緒に清掃も行いましょう。たったそれだけの手間で買取金額というのは変わってしまうのです。